トップページ

  鉄道車両見聞録>E231系(JR東日本)

 E231系メニュー

 231系
 トップページ

 実車 

 概要
 中央・総武緩行線
 東北・高崎線近郊型
 東海道本線近郊型
 常磐快速線
 山手線/500番台
 東西線直通/800番台




 JR東日本の通勤型電車で最大勢力の一つであるE231系は、すでに後継となるE233系が登場したこともあり、すでに増備は打ち切られ、現在は特に大きな動きもなく、落ち着いています。

 また、山手線のドアホーム設置対応の関係で、同線で使用されている500番台に組み込まれている6扉車がすべて4扉車に置き換えられ、現在は廃止となっています。

 山手線用500番台車については、JR東日本が次世代通勤型となるE235系(先行量産車)の導入を2016年秋以降山手線へ導入することをプレス発表しており、今後の動きが注目されます。




 (2014/07/13 更新)