トップページ

  鉄道車両見聞録>特急型車両(JR東海)

 メインメニュー

 特急形(JR東海)
 トップページ

 直流形電車 

 371系
 373系
 383系@
 383系A
 383系B

 ディーゼルカー 

 キハ85系/ひだ
 キハ85系/南紀







 JR東海はその発足以降、積極的に老朽化する国鉄形車両の置き換えを進めていて、特急用としてはすでに国鉄形はなく、すべて民営・分割後に設計・開発された車両に統一されています。

 JR東海の特急形車両は、小田急線直通用として設計された371系を除きすべてステンレス製で、コーポレートカラ−帯を巻き、先頭部のみは鋼製で白を基調とした配色となっています。

 2012年3月のダイヤ改正で371系が「あさぎり」「ホームライナー」の定期運用から外されましたが、その後は廃車とはならずに何度か臨時列車で運用されていて、今後このまま臨時・団体用としていつまで残るのか気になるところです。

 それ以外は、今のところ大きな車両の動きはないようです。





 (2013/05/12)